最短で株の勝ち方を覚えるには、まず225先物チャートをチェックしよう

リーマンショックアベノミクスと、谷深ければ山高しの言葉にあるように株価が上へ下へ動くのは今に始まったことではありません。しかし、なかなかそのビッグウェーブに乗れないという人は多いでしょう。
どうすれば、株で勝つことができるのでしょうか。このようなビッグウェーブはまれなので、これを待っていてはいつまでたっても待ちぼうけになってしまいます。大至急、株の必勝法を見つけたい人へおすすめの投資法を紹介します。

225先物チャートを分析することで、日本株全体の大きな動きが分かる!

225とは225先物のことです。日本のいわゆる一部上場の大手企業が225の銘柄として組み込まれています。ダウ先物などと同じです。
株で勝つためには225先物に着目することが非常に重要です。なぜなら、それこそが相場の雰囲気、空気、つまりこれから上がりそうか、下がりそうかを占うからです。この225先物と逆行するような銘柄も、もちろん存在します。しかし、大抵は連動しますし、そのような銘柄を選んだ方が賢いと言えるでしょう。
225先物が上がっている時は、ドル円の動きとも連動していますから、大まかな流れを味方につけることができるからです。少し回り道に感じるかもしれませんが、これが大至急、株の勝ち方を知るための第一歩です。

225先物が上昇するか下落するかどうやったら分かるのか?

大至急と言う人には申し訳ありませんが、結論から言えば、それが分かったら誰も困らないということになります。しかし、大まかな方向は認識しておいた方が良いですし、仮定することはできます。これこそが株の勝ち方を知るには必要不可欠です。
それには5日線に着目するのが最も簡単です。5日線の傾きが右上がりか、それとも右下がりか、これだけでも上昇中か下落中か簡易的に判定することができます。一般的に、5日線が右上がりで、かつ5日線の上にあるときは上昇基調です。逆に、5日線が下向きで、かつ5日線の下にあるときは下落傾向にあります。
この日本全体の株価の基調にしたがってポジションを取ることが株の必勝法の基本となります。この考え方は、株を持つ時間軸に合わせて修正することができます。例えば、1週間程度でなく、何カ月単位で株を保有しようと考えているならば25日線で同じように考えます。

親方日の丸に合わせれば、楽に株で勝利を収めることができます!

私もかつては225先物など気にもしませんでした。そして、保有している銘柄、保有しようとしている銘柄のチャートばかり眺め、適切なタイミングでエントリーしようと試みていました。ところが、適切なタイミングでエントリーしたにもかかわらず、あっけないほど簡単に損切りになってしまうのです。
後で見返しても、テクニカル分析の教科書通りでエントリーしたにもかかわらず損切りになる、これには大いにショックを受けたものでした。しかし、日本全体の株価の基調は225先物に現れているのです。これを無視しては無駄な損切りを繰り返すばかりです。
225先物の流れに連動している銘柄を見つけ出し、同じ方向にポジションを取ることが、簡単すぎる必勝法のひとつです。大至急、株の勝ち方を覚えたい人はぜひ試してみてください。