大至急、資産を増やす必要性がある時の株の勝ち方とはどんなものか

世の中にはやはり、なんだかんだ言って「楽しても儲かる手段」や「初心者が簡単に儲けられる手段」というのは多くはないものです。株式投資の世界においても、大至急お金を増やしたい時に100%必ず勝てるテクニックというものはありません。ただし、わずかながら高い確率で勝てる、もしくは値下がりせずに最低でも資産を維持できる方法はあります。

基本的には、初心者が何らかの法則を使って確実に勝つのは難しい

もし家庭の事情や買いたいものがあるなど、どうしても大至急、資産を増やさなければならない事情がある場合の確実な株の勝ち方というものはそう簡単にあるものではありません。そのため、まず家庭の事情で資産を増やす必要がある場合は、誰かにお金を借りたり、金融機関・消費者金融のカードローンを利用するほうが無難です。 また、どうしても買いたい高価なものがあるものの、資産が足りなくて買えないという場合に関しては、買うのを控えたり(待ったり)、予算内で買える少しグレードの低いものを買う方が無難です。 しかし、100%必ず初心者でも勝てる株の勝ち方というものは存在しないものの、高い確率で勝てるテクニックやタイミングはわずかに存在します

今すぐ株式投資で勝って資産を増やすためのテクニック・その1

大至急、株式市場を通じてお金を増やしたい場合、必ず勝てる株の勝ち方はありませんので、失敗しないための工夫としては値下がりするリスクが少ない銘柄を選ぶ事が重要になります。 具体的には優良企業なのにPBR・PER共に低い数値に留まっているような企業を見つけることが必要になりますが、投資情報サイトの「低PBRランキング」などで見つけることが出来ます。そして、例えば値下がりの心配いらずで安心して保有できる低PBR銘柄で一番上がりそうな銘柄が見つかったら株を買って、数日間待ちましょう。もし日本市場全体が上昇トレンドにある場合は、底値域にある銘柄は上がりやすいので上がったら即売却して儲けを出します。数日間待ってみて株価が下がりはしないものの上がりもしない場合は、諦めて別の方法を探したり、株以外でお金を増やす事を検討する必要があります。 私は、なんらかの外部環境によって市場全体が低迷した時、業界全体の不振などによりPBR0.2倍くらいであるものの将来性は高い会社に投資する形で何度か大きな儲けを出してそれが生活の助けになってくれたことがあります。

大至急、株式市場を通じて資産を増やしたい時期がちょうど決算期だった場合

株式市場を通じて、大至急、資産を増やしたい時期がちょうど企業の決算集中時期であった場合には、ある程度高い確率で勝てる方法というものが別に存在します。 これらの方法も100%勝てる確証があるものではありませんが、まず代表的な買い方といわれるのが、際立った好決算が期待できる銘柄(できれば低PBR銘柄)を決算前に買って決算日を待つという形です。そして、決算翌日にストップ高のような状態になった場合はかなりの儲けとなります。その他、株主優待を用意している銘柄で優待の権利が得られたら沢山の人が売却してしまい、権利落ち日にはほぼ必ず株価が急降下する銘柄を狙うのも手です。実際に予測通り急降下したら、それ以上下がるリスクはあまりないので購入し、待てるまで待って上がったら売却するという形もおすすめです。 ちなみに私は、勢力図を100%把握している業界に関しては、業界内で急成長中の銘柄の株を決算前に買っておいて翌日上がったら即売却するパターンで、大至急お金が必要な時にうまくお金を儲けられたことが何度もあります。ただし、この手法は自分が勢力図や各社の将来性が手に取るようにわかっている場合のみ有効で、あまり知らない業界の株をこのような形で購入するのはおすすめできません。

PR|トレーダーズブレインマーケット 口コミ